上手に栽培するコツを紹介しています!

落花生の栽培方法

落花生の栽培方法

落花生の栽培をする時は、種を蒔く時期に注意して下さい。

落花生の栽培をする時に、ここでつまずいてしまう人が良く居ます。

落花生は生の乾いて傷がないものを用意して、30pほどの株間で1〜2粒ずつ蒔きます。

ここで注意するのは、落花生の発芽には地温20度以上が必要だということです。

これよりも低い状態だと発芽することがありません。

ビニールを張って地温を高めて栽培すると言う方法もあるので、まずは土の温度に気をつけるようにしましょう。

一般的には5〜6月頃がおすすめですね。落花生は種を蒔いてから1週間ほどで発芽します。

そして発芽してから40日ほどで黄色い花が咲きますが、この花は朝に咲いて昼頃には萎れてしまいます。

そして1週間ほどすると花の元から紐のようなものが伸びて土の中で落花生が作られます。

そして花が咲いてから90日ほどで収穫できるようになります。

下枝が枯れ始めた頃が収穫時です。

目安となるものがありますが、一応どれが何日に蒔いて何日に花を咲かせたのかをメモしておくとわかりやすいですね。

落花生栽培は水をあまり必要としませんが、土が乾燥したままの状態にはしないようにして下さい。

また今回の落花生栽培で収穫した分は、通気性が良く涼しい場所に保存しておけば植えることができるので覚えておきましょう。

唐辛子の栽培方法

唐辛子の栽培方法

唐辛子の栽培をする時は、なるべく苗からはじめるようにしましょう。

種からだとできないというわけではありませんが、初心者にはとてもむずかしいからです。

唐辛子の栽培で一番むずかしいのは、発芽させるということです。

発芽温度が22℃と高く、苗が十分な大きさになるまでに2ヶ月半以上もかかってしまうという性質があります。

しかも適期に育てるためには3月頃には種まきをしなくてはいけません。

そうなると発芽温度を保つのがむずかしいのです。

唐辛子の栽培をする時は、4月中旬以降に植え付けるようにすると良いでしょう。

まだ寒いうちから植え付けると、生長が阻害されてしまうので注意して下さい。

唐辛子の栽培をする時は日当たりが良い場所を選ぶようにして下さい。

ただし真夏の直射日光レベルになると、今度は葉や実が焼けてしまうということがあります。

しかし日よけが必要になるというレベルでもないので、よほどのことが無ければそのままでも大丈夫です。

肥料は植え付ける時に化成肥料と堆肥を混ぜ合わせるようにして、その後2週間に1回ほどのペースで追肥するようにして下さい。

これは食用として唐辛子栽培をする場合のもので、観賞用としての唐辛子栽培の時には液体肥料を10日に1度くらい与える程度で十分です。

実が大きくなれば収穫時ですが、そのままにしておくと赤唐辛子になります。

どちらにするかは好みの問題なので、色々と試してみましょう。

冬野菜の栽培方法

冬野菜の栽培方法

冬野菜の栽培方法時に気をつけるのは、冬野菜と言っても雪が降るような環境で元気に育つものでは無いということです。

もともと暖かい気候の地域なら冬野菜の栽培方法を気軽にすることができますが、寒い地方の方なら室内で育てることもふくめて考えるようにしましょう。

ただし冬野菜には冬越しできる種類があるので、そういう種類のものなら大丈夫です。

ネギ、ホウレンソウ、コマツナ、ツケナといったものなら、北日本でも冬野菜の栽培をすることができます。

冬野菜には多くの種類がありますが、寒さに強いものと弱いものがあるのでしっかり覚えておいて下さい。

ちなみに寒さに弱いと言っても、冬作ができないというだけで、春夏作なら大丈夫です。ビニールハウスを用意すれば北日本でもさまざまな野菜を育てることができますが、家庭で気軽に楽しめるものとは言いがたいものになってしまいます。

家庭で野菜を育てると言うことは野菜を買うお金が浮くというだけでなく、植物を育てる楽しさを体験できるというメリットもあります。

お子さんのいる家庭なら教育にも使えるので、チャレンジしてみる価値があります。

夏野菜の栽培方法・冬野菜の栽培方法で気をつけなければいけないことはいくつもあるので、しっかり勉強するようにして下さい。

もっと冬野菜の栽培について詳しく説明しているところがあるので、そういうものも参考にしてみると良いでしょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

椎茸の栽培方法

椎茸栽培方法

椎茸栽培方法は原木を用意したり、実際に椎茸が出てくるまで時間がかかるなど手間がかかるものです。

本格的に椎茸栽培をしたいという人なら1からはじめるのも良いのですが、手軽に椎茸栽培をしてみたいのなら、専用のキットがあるので購入してみましょう。

ちなみにこのキットを使うと、一週間くらいで椎茸が生えてくるので、子どもと一緒に楽しく栽培することができます。

椎茸栽培方法で重要なのは湿度管理です。

湿度が下がらないように覆いをかけてあげるおうにすると良いでしょう。

ビニール袋で包んでしまうというのも良いですね。一日一回霧吹きをするくらいの感覚でちょうど良いと思います。

栽培セットなら専用の容器がついてくるので、そちらを活用して下さい。

家庭での椎茸栽培方法は一度だけでなく何度もできるものなので、いったん軌道に乗れば美味しい椎茸をいつも味わうことができます。

そのうち菌が無くなって生えてこなくなりますが、お店で椎茸を買うよりもとても経済的です。

そんなに手間暇かけなければいけないものでは無いので、椎茸が好きだという人は家庭での椎茸栽培方法にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

実際にやってみるととても楽しいものですよ。

数百円ではじめることができるものなので、気になる方はチャレンジしてみて下さい。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大根の栽培方法

大根の栽培方法
大根を栽培方法で注意しなければいけないのは土の状態です。

大根はやせた土地でもしっかり育ってくれるという性質がありますが、土の状態が悪いと問題が起こってしまいます。

土が浅い、中に石がふくまれているということがあると、大根が変形してしまうのです。

見た目が変わった所で味が変わるというわけではないので、自分が食べるからそれで良いという人もいると思いますが、どうせなら見た目が良い大根を栽培して食べたいですよね。

そのためにも土は丹念に耕すようにしましょう。

大根を栽培方法、日当たりが良く水はけが良い場所にしましょう。
深さ30pまで耕して埋め直し、そのあと高さ10pほどのうねを作り、その両側に堆肥と化成肥料をまき、「マルチフィルム」をかけます。


ここを忘れてはいけません。マルチフィルムの穴に6oほどの穴をほり、そこに種を6〜7粒ほどばらまいて土を被せましょう。

間引きは本葉が3〜4枚の時に2本にして、6〜7枚の時に1本にするようにしてください。

間引き後は追肥をすることを忘れずに60日ほどすれば首の部分が太くなってくるので、その頃が収穫時です。

大根栽培方法は実際にやってみるとても簡単にできます。

大根栽培方法の注意点をしっかり覚えて挑戦してみましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生姜の栽培方法

生姜の栽培方法
生姜の栽培をしてみましょう。

生姜はもともと日本の気候に適した植物なので、誰でも簡単に栽培することができます。

生姜の栽培方法で注意するのは温度管理です。

生姜は暖かい地方が原産の植物なので、暖かくならないと生長がストップしてしまいます。

実際に植えてから早く発芽させるためには20℃以上の"地温"が必要になります。

そのため涼しい地方では芽が出づらいのです。

地温が低いと芽が出ないということもあるので覚えておきましょう。

また普通に発芽する場合でも一ヶ月ほどかかるものなので、気長に待つようにしましょう。

生姜の植え時は5月頃です。植える2週間程前に石灰で土の酸性度を中和しておくようにしましょう。

植える時にはうねを作り、7〜8p間隔で埋めるようにします。

うね間は60pほどあれば十分です。

芽が出たら根元に土を寄せて、半月ごとに肥料をあげるようにして下さい。

だいたい葉が2〜3枚ほど大きく開いたら一回目の収穫時です。

この時の生姜を葉生姜と言います。葉が黄色くなってきたら、今度は新生姜になります。

このように生姜の栽培方法は、さまざまな生姜を味わうことができるというメリットもあるのです。

生姜の栽培方法はむずかしいものではありませんが、連作をする時には2年ほど間隔を空けるようにして下さい。

生姜栽培方法の注意点を守り、美味しい生姜を楽しみましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水耕栽培

水耕栽培という育て方をみなさんはご存じでしょうか。

これは土を使わずに植物を育てるという栽培方法です。

水耕栽培にはさまざまなメリットがあります。

土に頼る必要がないから、知識や経験が浅くてもはじめやすいという点があります。

そして常に養液が蓄えられているので、水やりも不要です。

また土をほとんど使わないというだけで害虫の心配がほとんどなくなるというメリットもあります。

害虫は基本的に土を媒介してやってくるのですが、土を一切使わない水耕栽培ならその心配も無いのです。

ただし水耕栽培は専用の環境を作ってあげる必要があるので、土で育てることに比べるとあまり多くの数は作れません。

水耕栽培と聞くと球根を使ったものならみなさんも見たことがあるのではないでしょうか。

しかしペットボトルをちょっと加工するだけで、さまざまな植物にも応用させていくことができます。

ペットボトルを半分に切って、口の部分を逆さまにして差し込み、口部分を不織布で防ぎ、後は土を入れるだけです。

下の部分に養液を蓄えるようにしておけば不織布から養液が伝わっていき、栄養と水分が補給されていくという仕組みです。

キッチンでも簡単にできるので、趣味と実益を兼ねてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小松菜の栽培方法

小松菜の栽培方法は誰でも簡単にすることができます。

また小松菜は栽培方法は後4週間で収穫できるという特徴があるので、気軽にはじめてすぐに楽しむことができるというのも良いですね。

小松菜を栽培方法は、プランターを使用する方法が良いです。

まずプランターに5p以上土を入れて平らにします。

その後2p間隔で深さ5o程度の穴を掘って、そこに小松菜の種をまきます。

小松菜栽培方法のポイントですが、発芽するまでは乾燥することが無いように、しっかり水やりをして下さい。

ただし逆に水をやりすぎてもいけないので、程よく土が湿っている程度を保つようにしましょう。

種まき後に水をやったら、湿らせた新聞紙をプランターに被せておけば、乾燥を防ぐことができます。

発芽したら新聞をとり、土の表面が乾く頃にたっぷり水をあげるようにして下さい。

本葉が1〜2枚の頃に1度目の間引き、5〜6枚になるころに2度目の間引きをしましょう。

この間引きをしっかりすることで、しっかりとした小松菜が育ってくれるようになります。

背丈が7pほどになったら収穫時です。

小松菜の栽培は実際にやってみると、思っていたよりも簡単で驚く人が多くいます。

小松菜栽培方法のポイントをしっかり覚えて、美味しい小松菜を楽しめるようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春菊の栽培方法

春菊栽培方法
春菊栽培方法は簡単で誰にでもできます。

春菊の栽培方法は、春まきと秋まきがあります。

植え付けから収穫まで3ヶ月くらいなので、年2回は作れます。

ただし連作障害があるので、同じ所では作らないようにして下さい。

はじめて春菊の栽培方法は、市販の培養土を使うと良いでしょう。

水持ち、水はけの良い土を作って、うねを作ります。幅60p、高さ5pほどのものが良いですね。

種をまく時は20pほどの溝を作って、ばらまくように植えて下さい。

本葉が3〜4枚の頃に1度目の間引きを、4〜5枚のころに2度目の間引きをします。

その後追肥と土寄せをして根本をしっかりさせます。

春菊の栽培方法は乾燥に注意して下さい。土が乾きはじめた頃に水をあげるようにしましょう。

特に発芽から幼苗期の時期は乾燥にもっとも弱い時なので、しっかりチェックするようにして下さい。

生育に適した温度は15〜20℃くらいですが、暖かい地方なら秋まきの方が育てやすいです。

その場合、あまり寒くならないうちに収穫するようにしましょう。

春菊栽培方法はプランターでもできるので、あまり場所が無いという人はプランター栽培がおすすめです。

ちなみに春菊はその香りの強さから虫が付きづらいという特徴があるので、害虫の心配もほとんどありません。

慣れてくれば一年中春菊を楽しめるようになるので頑張りましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然薯の栽培方法

自然薯の栽培方法

自然薯の栽培方法はむずかしいどころかできないとすら言われていましたが、今では家庭栽培でも作ることができるようになりました。

もちろん自然薯栽培にかかる手間はかなりのものなので、誰でも簡単にできるかと言われるとむずかしいものです。

ですがおいしい自然薯を気軽に楽しめることができるのだから、自然薯栽培はチャレンジしてみる価値があります。

まず種芋を用意するのですが、これは50〜60gくらいになるように切断し、しっかり乾燥させます。

切り口のぬめりがなくなるようになるのが目安です。

その後種芋を植えることになりますが、この時少し傾斜させるようにするのがコツです。

この時いきなり土に植えるのではなく、まずは大きめの箱に土を敷き詰めて埋めましょう。

種芋から芽が出たら今度は実際に埋める場所を用意します。

ここからが自然薯栽培方法の本番です。

うねを作り、そこに栽培容器を埋めて種芋を並べていきます。

その上から土をかぶせて大きなうねを作るようにします。

その後自然薯は大きく成長してつるが伸びてくるので、棒を立ててつるが絡まるようにしましょう。

その後ムカゴが獲れるようになり、つるが枯れたら自然薯の収穫ができるようになります。

自然薯栽培用のキットが販売されているので、まずはそれで勉強してみてはいかがでしょうか。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レタスの栽培方法

レタスの栽培方法

レタスの栽培方法は、苗を買って植えるようにすると誰でも簡単にできます。

ちなみにレタスにはさまざまな種類があり、種類によっては結球するものとしないものがあります。

良く見かけるレタスの姿が頭に残っていて、いつまで経っても成長しないと勘違いしないようにしましょう。

レタスの栽培方法で苗を選ぶ時は、本葉が4〜5枚ついた、葉が大きくて色が濃いものを選ぶようにしましょう。

プランターは市販の培養土を用意して、プランターに鉢底石を敷いて土を少し入れて、その中に苗を置いて土を入れるようにして下さい。

ちなみに植える時期は春まきと秋まきがありますが、春まきよりも秋まきの方が作りやすいので、はじめてレタスの栽培をする時は秋まきをするようにしましょう。

一般的な結球するタイプのレタスを栽培する場合、あまり深く植えすぎないように注意して下さい。

これによって結球しづらくなる場合があるからです。

結球した頃に追肥をすることによって、元気に大きく生長します。

害虫にはアブラムシ、ヨトウムシ、ハモグリバエ、ナメクジなどがいるので注意しましょう。

ある程度大きくなって、球の上を手で軽く押さえて締まっていたら収穫時です。

ちなみにレタス収穫後は1〜2年連作しないようにしましょう。

以上のことに注意していればレタス栽培方法は大丈夫です。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

らっきょうの栽培方法

らっきょうの栽培方法

らっきょうの栽培方法は初心者でも簡単にできます。

水はけにさえ注意すれば、日陰でも痩せた土地でも簡単に栽培することができるので、らっきょうの栽培に失敗することはまず無いと言っても良いくらいです。

らっきょうの栽培方法は、7月頃に植え付けるようにします。ホームセンターや園芸ショップで売っているので、そこから買ってきたものを利用すると良いでしょう。

植える時はうねを作り、うね幅50pで植え付け間隔は5〜15pほどにするようにしましょう。

ちなみに植える時は5pほどの深さにして下さい。

らっきょうの植え付けが終わったら、水をたっぷりあげます。

らっきょうの栽培方法はどんな所でもできると書きましたが、もちろん元気な土地ならそれだけ良いらっきょうを栽培することができるので、肥料をあげることも忘れないで下さい。

また、石灰を事前にまくということも忘れないようにしましょう。

植え付けてから1年くらい経ち、葉が枯れはじめたら収穫時です。

らっきょうの栽培で注意することはたったのこれだけです。

ただし連作障害には気をつけるようにして下さい。

タマネギなどの葉菜類を作った後で植えないようにしましょう。

以上のことを守れば、らっきょうの栽培は簡単にすることができます。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤーコンの栽培方法

ヤーコンの栽培方法
ヤーコンという名前をあまり聞いたことが無いという人がいますが、ヤーコンにはさまざまな栄養素がふくまれており、お腹にもとても効果がある野菜です。

健康にとても良いので、家庭でヤーコン栽培をしていつでも食べられるようにしましょう。

ヤーコンの苗はホームセンター等で買うことができるので、そちらで購入して下さい。

水はけの良いところに植えるようにしましょう。

ヤーコンは春に植えて秋頃に収穫するものなので、気長に成長するのを待ちましょう。

ちなみにヤーコンは生命力が強いので、病害虫に強いという性質があります。

このため初心者の方でも、ヤーコン栽培方法は成功しやすいのです。

ただし強いと言っても絶対ではないので、時々チェックするようにして下さい。

ヤーコンの栽培方法の注意点は、霜に弱いという点です。

11月の霜が出る直前に収穫するものなので、霜がつかないようにしっかりと時期を見きわめる必要があります。

またヤーコン栽培方法でもう1つ気をつけなければいけないのは、台風による影響です。

元々台風が少ないと言う地域なら心配はありませんが、台風が来る地域なら80〜100pほどで切りそろえるようにしておきましょう。

ヤーコン栽培はどの地域でもできるものですが、寒い地域だと管理がむずかしいので、手がかかるものと思って下さい。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブロッコリーの栽培方法

ブロッコリー栽培方法
ブロッコリーはカリフラワーと違い、寒さに強く冬にも収穫できるというメリットがあります。

また花を収穫した後も春先にはわきから花が出て収穫できます。

家庭で美味しいブロッコリーを味わいたいなら、家庭でのブロッコリー栽培をしてみましょう。

ブロッコリー栽培方法で注意するポイントは、日当たりが良い場所に植え付ける、過湿に弱いので水に注意という点です。

排水が良い土地を選ぶようにして下さい。

また土は酸性のものを嫌うので、事前に苦土石灰を施すようにしましょう。

ブロッコリー栽培方法は基本的に購入苗でできるので、最初は購入したものを植えるようにすると良いでしょう。

畑はうねを作るようにして、横幅120pのうねに株間40pの2条植えがおすすめです。

沢山作る場合のうね幅は1.5mほどが良いですね。

涼しい季節に入ると生育が急速に早まるという性質がありますが、それによって地上部が大きくなると台風などで振り回されることがあるので注意して下さい。

十分に土寄せしておけば耐えられるので、台風が来る前に準備しておくと良いでしょう。

ブロッコリー栽培で気をつけるのは収穫時期です。

冬季でも7日程度が収穫適期と言われているので、花蕾が柔らかくならないうちに収穫するようにして下さい。

ブロッコリー栽培は中央の花蕾が終わっても、その後側花蕾からも収穫することができるので、こちらもしっかりチェックするようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルーベリーの栽培方法


ブルーベリーの栽培方法
ブルーベリーの栽培方法は、そんなにむずかしいわけではありません。注意しなければならない点がいくつかありますが、それを守っていれば誰でも簡単にブルーベリーの栽培をすることができるようになります。

ブルーベリー栽培のコツは、用土を酸性に保つことと水のやり方です。

他の果樹は酸性に保つと逆効果ですが、ブルーベリーはその方が良く育つのです。

水を与える時はブルーベリーが乾燥しないように気をつけて下さい。

最初は小さい鉢で育てていき、1〜2年毎に植え替えをしていくと良いでしょう。

ブルーベリー栽培の時に絶対に気をつけなければいけないのは、害虫の存在です。

コガネムシの幼虫はブルーベリーの根を食害するので、気づいた時には大変なことになっている場合があります。

なかなか育ってくれない、元気が無いという鉢は、根をチェックして見るとコガネムシの幼虫がいるという場合があります。

害虫駆除の時には、柔らかい歯ブラシでこすり落とす方法か、弱い殺虫剤を局所のみに散布するようにしましょう。

この他にも根腐れや生理障害が起きることがあるので、ブルーベリーの栽培をする時には気をつけましょう。

上手くいけば美味しいブルーベリーを楽しむことができるようになるので、頑張ってみる価値はありますよ。

以上ブルーベリーの栽培方法です
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バジルの栽培方法


バジルの栽培方法
バジルの栽培方法は、苗から育てた方が簡単です。

しかしバジル栽培方法は誰でも簡単にできるものなので、思いきって種から育ててみるというのも良いでしょう。

バジルの種はまく前に1日ほど水に漬けて水分を吸収させましょう。

まく時は上から土を被せないようにして下さい。

バジル栽培に適した土は、乾燥しづらい粘り気があるものです。

種を用意する時に用土も買っておきましょう。

バジル栽培方法で気をつけるのは乾燥です。

バジルは乾燥に弱いので、土の表面が乾いたら水をたっぷりあげるようにして下さい。

特に夏場のバジル栽培では、すぐに乾燥してしまうので気をつけましょう。

肥料を切らさないようにするということも注意が必要です。

肥料を切らしてしまうと、下の方から葉が落ちていくので、こちらも欠かさないようにして下さい。

15pほどに生長すると初穂が出てくるので、その頃に切り戻しでわき芽を伸ばしていきます。

これによってバジルが良く生長するようになります。

ちなみにバジル栽培方法では病気に注意する必要はほとんどありませんが、害虫には注意して下さい。

そうやって育てていくうちに、バジルが20pほどに生長したら収穫時です。

バジルにはさまざまな使い道があるので、新鮮なバジルを堪能してみましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニンニクの栽培方法


ニンニク 栽培方法
ニンニクの栽培を方法は、まずホームセンターで販売されているニンニクの種球を買ってきましょう。

家庭菜園やプランターでも、自家製の美味しいニンニクは作ることができます。

ニンニクの栽培方法は、8月末〜9月中旬頃に植えるようにしましょう。

早ければ10月には芽を出します。

まず土を耕して7〜8p間隔で「芽を上にして」5pほどの深さに植えるようにしてください

。ニンニクの形を見ればどこが伸びるのかはすぐにわかると思いますが、適当に入れてしまってはいけません。

土を被せた後はたっぷりと水をあげます。

芽が出てきたら、今度は小さな芽をかき取る作業です。

静かに横に引いてあげれば株を傷めずに取ることができます。

これによって、大きく育てることができるので忘れないようにして下さい。

11月と2月頃に追肥をして下さい。液体肥料を7〜10日間おきに与えるというくらいで大丈夫です。

5月になって葉の色が黄色くなりはじめたら収穫時です。

収穫した後は葉先と根を切り取って、風通しの良い場所で保存するようにして下さい。ニンニクの栽培で気をつける点は以上です。

ニンニクはその臭いのせいで、人と会う前には食べることを避けた方が良いものです。

しかしその栄養の高さは、健康な食生活を送るために大きな力になってくれます。

家庭でニンニクの栽培をして、好きな時に美味しいニンニクを楽しめるようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にんじんの栽培方法

にんじん 栽培方法
にんじんの栽培を方法はどんな所に気をつければ良いのか。

にんじんの栽培方法は、まず種をまく時期に注意しましょう。

にんじんには夏まき、秋冬まき、春まきにわけられます。夏の場合は7月上旬、秋はトンネル栽培で2月下旬、春は4月〜5月に種をまきます。

にんじん栽培において酸性の土は良くありません。

石灰をまいて耕してから種をまきます。

種をまいてからがにんじん栽培の本番ですが、一番の難問は一番最初にあります。

にんじんはとても芽が出にくい植物です。

種は多めにまくようにして、土は薄く被せます。そして上から軽く押さえるようにして、その上に藁をかけるようにします。

乾燥していると感じたら水をあげる必要があるので注意。

夏まきをする時は少し高めの場所を用意すると良いですね。

発芽して本葉が3〜4枚の頃になったら間引きをします。

間引きは2度するようにして、本葉が6〜8枚の時にもするようにしましょう。

間引きの時に追肥をしておくと良く育つようになります。

種まきから4ヶ月ほど経てば、にんじんの収穫をすることができるようになります。

にんじんの栽培で注意するべき点は以上です。

この他にもにんじんの栽培にはプランター栽培などがあるので、そちらにチャレンジする時は注意点をしっかり確認して下さい。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トマトの栽培方法


トマトの栽培方法
トマトを栽培方法は、2〜3月頃に種をまきます。

そこから育った苗を植え付けるのは4月上旬頃が良いとされています。

トマトは苗を植え付けてから2〜3ヶ月頃で収穫できるようになります。

トマトの栽培方法は、水の量に注意して下さい。

植物を元気に育てるためにはたっぷり水をあげると良いと思っている方もいますが、それは植物によってさまざまです。

トマトは乾燥に強い植物なので、あまり水を与えすぎると害になってしまいます。

トマトの栽培方法は種からでも苗からでもそう変わるものではありません。

はじめてトマトの栽培をするというなら、まずは苗からはじめると良いでしょう。

トマトの株は40〜50p間隔で植えるようにし、水をやる時は葉がしおれはじめた頃で十分です。

ちなみにトマトは受粉することで花を咲かせるので、虫がいない場合は花を指で弾いて花粉を飛ばすようにすると良いでしょう。

心配ならもっと丁寧に受粉作業をしてあげて下さい。

上手く受粉ができると、実ができるようになります。

この時、主枝と葉の間から出てくるわき芽は、摘み取るようにして下さい。

たくさん出てきたから沢山収穫できるのではと思ってしまいますが、栄養が十分に行き渡らなくなってしまいます。

他には害虫や病気の心配もありますが、適度にチェックするようにしていれば大丈夫です。

トマトはとても生命力のある植物なので、素人でも簡単にトマトの栽培ができます。

以上トマトの栽培方法でした
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまねぎの栽培方法


たまねぎ 栽培方法
たまねぎの栽培方法はどういう点に注意すれば良いのか。

ちょっと気になる疑問についてまとめておきます。

たまねぎの栽培方法は9〜10月の秋頃に行います。たまねぎは土の性質を選ばずに連作が可能ということで、土に関しては特にこだわる必要はありません。

ただししっかり耕しておくことだけは忘れずに。

たまねぎ栽培方法で植え付けの時はうね幅80cm、株間12cmの2条植が良いでしょう。

4条にする場合はうね幅120pと思っていれば大丈夫です。

植えた後は冬草が発生するので、順次中耕するようにして下さい。

肥料に関しては2月に追肥と中耕しをして株元に土寄せをします。

春になると病害の発生する可能性が高くなるので、冬のうちに排水を良くしておくということが重要です。

5月頃になると茎の3割ほどが倒れ伏してくるので、この頃が収穫時です。



貯蔵性を良くするために、晴天の日に収穫作業をすると良いでしょう。

たまねぎ栽培の敵である病害には、べと病、白色疫病、軟腐病というものがあります。

もしも被害を受けてしまった株があれば、除去するようにして下さい。

排水が悪いとすぐに病気になってしまうことがあるので、この点は絶対忘れないようにしましょう。

以上の点を守れば、たまねぎ栽培は大丈夫です。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソラマメの栽培方法


ソラマメの栽培方法
ソラマメの栽培方法は、まず畑選びに注意して下さい。

以前にマメ科の植物を植えた場所なら、3〜4年は休ませてから植えるようにしましょう。

ソラマメの栽培方法は、高さ15pほどのうねを作るようにして、1条〜2条まきをするようにします。

このまき方でうねの大きさが変わりますが、1条で70pくらいと覚えておくと良いでしょう。ここからがソラマメ栽培の本番です。

ソラマメは秋に苗を植え付けて、初夏に収穫することができる植物です。

10月頃に種をまくというのが一般的ですが、地域によって最適期が異なるので調べておきましょう。

株間30〜40pほどでソラマメの種をまきますが、この時1箇所につき2粒ずつまくようにして下さい。

この時注意しなければいけないのは、黒い部分(おはぐろ)を斜め下にして差し込むということです。

ソラマメの種は芽がでづらいという特徴があるので、注意して下さい。

春になって本葉が4〜5枚出てきたら、摘心すると側枝が伸びてきます。

光が当たりやすくなるように整理して下さい。

ちなみにソラマメ栽培方法ちょっとした小技として、実ができはじめたら根本に盛り土をするというものがあります。

これは実の重さで株が倒れやすくなることを防ぐ効果があります。

あとはそのまま生長させていけば、しっかりとした実をつけてくれます。

ソラマメ栽培方法では以上の点に注意するようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じゃがいもの栽培方法


じゃがいも栽培方法
じゃがいも栽培方法のコツと注意点について紹介します。

じゃがいもは誰でも簡単に栽培することができて、さらに色々な料理に使うことができます。

家庭菜園でじゃがいも栽培をしておけば、その分色々なことに使える可能性が出てきます。

じゃがいもを植える時は、3月下旬〜4月上旬頃がおすすめです。

ただし寒冷地の場合はもう少し遅らせる必要があります。

種芋は必ず芽が出ているものを用意して、半分か1/4に切って使います。

深さ10〜15pの所に、30p間隔で埋めるようにしましょう。

栄養があった方が良いと思われるかもしれませんが、じゃがいも栽培では基本的に肥料は不要です。

どうしても心配だという人は、花が咲き始めた頃に3週間に1度くらいのペースで追肥するようにして下さい。

ちなみに肥料が多すぎると、葉にアブラムシがつきやすくなるというデメリットがあるので注意して下さい。

また水分を過剰に与えると腐ってしまうので、こちらもほどほどを保つようにしましょう。

葉が黄色く朽ちてきたら収穫時です。

株ごと引き抜いてイモを収穫することができます。

ちなみにじゃがいも栽培方法は毎年するのではなく、3年に1度くらいのペースでやりましょう。

連作障害が起こってしまいますからね。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャガイモの栽培方法


ジャガイモの栽培方法
ジャガイモの栽培方法は、そうむずかしいものではありません。

しかし注意しなければならないことがいくつかあるので覚えておきましょう。

ジャガイモの栽培方法で種芋を使うことは、学校で勉強するので知らない人はいないと思います。

同時にジャガイモの栽培方法について勉強したことがある人もいると思うので、思い出しながら勉強しましょう。

しかし切った芋をそのまま使うと、腐ってしまうことがあります。

それを防ぐためには、土に埋める前に切断面に石灰をまぶすようにすると効果的です。

思いきって切らずにそのまま使うという方法もあるので、好きな方法を選んで下さい。

種芋から複数の芽が出ている場合、1つだけを残して他は間引くようにしましょう。

多い方が良さそうだと思えるかもしれませんが、栄養を1箇所に集中させることで元気に育つのです。

ちなみにジャガイモはとても生命力があるので、スーパーで買ったイモを放置して芽が伸びたものを使っても、しっかり育ってくれます。

育てる時には肥料をあまり必要としません。

逆に肥料を与えすぎてしまうとアブラムシが沢山ついてしまう可能性があるので注意しましょう。

ジャガイモの栽培はほとんど手がかからないので、はじめて植物を栽培するという人に向いています。

収穫したものをそのまま食べることができるというのも大きいですね。

ジャガイモの栽培後はもう1度と思ってしまいますが、連作障害があるので1度植えた場所では3年間作ることができません。

他の場所を用意するようにして下さい。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しいたけの栽培方法


しいたけ栽培方法

しいたけ栽培なんて家庭でできるのだろうかと思っている人もいますが、ちゃんとした環境を用意してあげればしいたけ栽培は簡単にできます。

しいたけ栽培セットというものも売られているのですから、まずはそれを使って栽培してみるというのも良いかもしれませんね。

しいたけを栽培方法は、まず原木を用意する必要があります。

クヌキ、コナラ類があると最適ですね。

他にもシデ、栗、椎、樫類でも使用することができるので、まずは原木を用意しましょう。

11月頃から原木に椎茸菌を植え付ける作業をします。

9.5oのキリを用意して、原木に穴を空けるようにしてください。

この時原木の直径によって空ける穴の数が変わるので注意。6cmなら12〜16個、そこから3pごとに6個ずつ増えていくと覚えておくと良いでしょう。

そこでできた穴に種駒を打ち込んでいきます。

全ての穴がふさがったら、雨の当たる場所に低く横並べにして湿度を保ちながら管理しちえきます。

日光は多少当たるくらいというのが良いですね。西日が直接当たるような状態にはしないで下さい。

その後1年ほどすれば椎茸が生えてきます。

ちなみに椎茸菌が上手くまわった木ならその年の秋にはしいたけが生えてきます。

しいたけ栽培セットならもっと早く生えてくるので、しいいたけ栽培を楽しみたいというならそちらを利用してみましょう。

以上しいたけ栽培方法
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャベツの栽培方法


キャベツ栽培方法
キャベツの栽培方法で注意するのは、種まきをいつ頃にするのかということです。

キャベツにはさまざまな品種があり、それによって種まきの時期もさまざまです。

しかし共通しているのは種まきに適した時期が短いということです。

キャベツの栽培方法では種まき期を逃さないようにする必要があります。

さまざまな品種を用いればいつもキャベツを栽培することができますが、これからはじめてするという人は、まず一種のみに絞ってキャベツの栽培方法を勉強するようにしましょう。

キャベツの栽培は基本的に購入苗からすることができるので、最初は購入苗を利用すると良いでしょう。

キャベツを植える畑はうねを作る必要がありますが。幅1.2m、株間40cmの2条植えにすると良いですね。

苗の生長を良くするために、植える前に十分水をまいてから植えるようにして下さい。キャベツの収穫は4〜5ヶ月ほどでできるようになります。

ただしキャベツの種類や植えた時期によって変わってくることがあるので、事前に調べておくようにして下さい。

また肥料をあげる場合は、結球しはじめる頃が良いでしょう。

ちょうどこの時期に多くの栄養を必要とするからです。

アオムシやアブラムシといった害虫がよく出るので、こちらにも注意して下さい。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルダモンの栽培方法


カルダモン 栽培方法
スパイスとして有名なカルダモンは栽培して自分で楽しむこともできます。

カルダモンは鉢植えで育てることができるのですが、元々の性質上温度管理には気をつけなければいけません。

カルダモンの栽培方法は、常に20度以上の気温を保つようにする必要があります。

冬越しをさせることができますが、その場合も8度以上の気温を保つように気をつけて下さい。

カルダモンの栽培方法では、水やりにも注意しなければいけません。

カルダモンは乾燥に弱い植物なので、土の表面が乾いたらたっぷり水をあげるくらいのペースにして下さい。

基本的には一年を通して常に水を与えるものと思っていると良いですね。

夏の暑い日は特に注意する必要がありますが、秋冬は成長が緩慢になるので少し水の量を抑えても良いです。

鉢の底から根が出てくるようになったら植え替え時です。


5〜8月頃が植え替えに適していると言われているので、その頃になったらチェックするようにしましょう。

カルダモンの栽培方法では病気には特に注意しなくても良いのですが、ハダニがついてしまうことがあるのでこちらには注意して下さい。

9〜10月頃になると果実が実るので、その種子をスパイスとして利用することができます。

ただしカルダモンの栽培で結実まで持っていくのはむずかしいので、最初は失敗してしまうかもしれません。

何度かチャレンジするとコツがわかるようになるでしょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウコンの栽培方法


ウコンの栽培方法
ウコンの栽培方法は、やり方を知っていれば家庭でもできます。健康に良いウコンを栽培してみましょう。

ウコンの栽培方法は、日当たりが良く保水力がある土地が理想的です。まず4月〜5月頃に肥料を入れて耕してから植えます。

ウコンの栽培では根茎を植えるのですが、この時新芽が3〜4個つくようにして切り分けて下さい。

30pほどの間隔を空けて深さ7pに置いて土を被せます。

鉢植えにする場合は、10号鉢に1個植えるような感じで良いでしょう。

ウコンの栽培をする時は、水を切らさないことに注意して下さい。

ウコンは東南アジア原産の植物なので、乾燥と寒さにとても弱いのです。

追肥は夏から秋にかかけて1ヶ月に1度くらいのペースで与えます。

ちょうどこの頃開花して、根幹もどんどん肥大化してきます。

そして11月下旬頃には収穫できるようになります。

葉が枯れたら根を掘り上げると立派なウコンが収穫できるはずです。


収穫後は泥を落として、包丁で輪切りにしてから2〜3日干すようにして下さい。あとはそれを粉末にすれば、良く見るウコンになります。

ウコンの栽培の最終目的はウコンの収穫ですが、花がとてもきれいな品種なので、観葉植物としても十分に使えるのが良いですね。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチゴの栽培方法


イチゴの栽培方法

イチゴの栽培をする時は、まずどの品種を育てるのかを決めるようにしましょう。

おすすめは宝交早生、ダナー、女峰といった品種です。

これらは病気に強いという性質があるので、家庭でも簡単に育てることができます。

イチゴの栽培方法は苗を作る場合は4〜5月に出てくる花付き苗を購入して植えると良いでしょう。

もっと簡単にやりたいという人は、10月頃に苗を買ってプランターに植え付けるようにします。

イチゴの苗を植え付ける時の注意点は、根本にあたるクラウンという場所を土に埋めてしまわないようにすることです。

この部分を埋めてしまうと、最悪の場合そのまま成長しなくなるからです。

イチゴの栽培方法ではまずこのポイントに注意して下さい。

イチゴの栽培方法では水にも注意しましょう。

イチゴはとても水を好むものですが、だからと言って過剰にあげすぎると根腐れを起こしてしまいます。

しかし乾燥させるとそれはそれで根傷みを起こしてしまうという特性があるので、乾いてきたと思ったらたっぷりあげるという方法にしましょう。

日の当たり方、水のあげ方には注意しなければいけませんが、後は防寒対策をしてあげればイチゴ栽培は簡単にできます。


寒さ対策は根本にワラを敷いておくようにすれば大丈夫です。元々寒さには強い品種ですからね。

花が咲いて一ヶ月もすると実を収穫できるようになり、美味しいイチゴを収穫できるようになります。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アボカドの栽培方法


アボカド栽培方法
アボカド栽培というと、あまり聞いたことが無いという人も多いと思います。しかしアボガドは明るい室内でも成長する植物なので、観葉植物としても利用することができるのでおすすめです。

アボガド栽培の時に利用する種は、食用のものをそのまま使用することができます。

この手軽さも、観葉植物としてのアボガドの人気の高さにつながっています。取り出したアボガドの種を水に浸けておくか、そのまま土に埋めておくと発芽します。

取り出す時に包丁で傷がついてしまったらどうしようと思われるかもしれませんが、アボガドの種はちょっとくらいの傷なら問題なく発芽するので心配無用です。

アボガドの栽培をする時は、温度管理に注意して下さい。

アボガド栽培では最低気温は15度なので、この数字を保つようにしましょう。

アボガドの種が割れて根が出てくるまでは1〜6週間かかるということなので、ここでは根気強く待つことも必要です。

ちなみにこの期間は暖かさによって変わるので、温度が低いほど時間がかかるということです。

そして鉢植えにする時は見ずに注意して下さい。
アボガドは乾燥に弱い植物なので、注意深くチェックしておく必要があります。


ちなみにアボガドの栽培は、観葉植物としてのみに留めておいた方が良いでしょう。

結実することもありますが、それには長い期間が必要なのです。

以上アボカド栽培方法
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アスパラガスの栽培方法


アスパラガスの栽培方法
アスパラガスの栽培方法は根気との戦いです。

通常多くの野菜は植えてから半年もすれば収穫できるものがほとんどですが、アスパラガスの栽培はなんと3年にもおよびます。

実際に植えてから収穫できるようになるまでそれだけの時間がかかるので、アスパラガスの栽培は根気との戦いということになるのです。

それだけ手間をかけたからこそ、実際に自分で収穫したアスパラガスを食べてみると、買ったものよりも美味しく感じられると思います。

アスパラガスを栽培する時は、まず種のあつかいに気をつけなければいけません。

種子は給水しづらいという性質を持っているので、まず4〜5日間水に浸けておく必要があります。

またこの水は毎日取りかえるようにして下さい。

畑は耕土の深い排水の良い畑を用意して下さい。

深さ1〜2mの深さにまで根が伸びるので、できるだけ深く耕しておくと良いでしょう。



また酸性の土に弱いので、酸度の矯正を行うことも忘れずに。

1.5mほどのうねを作り、株間30pほどで植えるようにします。

アスパラガスの栽培は3年におよぶものなので、それぞれの季節によってのケアの方法に注意しましょう。

冬季は畑を浅く耕してうねを整え、夏は乾燥を防ぐために敷きわらをすると良いでしょう。

アスパラガスの栽培は、最初先が見えないと言う所に戸惑うかもしれませんが、ケアは忘れないように注意しましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有機栽培の栽培方法


有機栽培

「有機栽培」と聞く直観的に「安全」や「栄養豊富」、「おいしい」など、好意的な言葉を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

しかし物事は一側面だけではなく、多角的に見なければならない――とは誰の言葉だったか。

ああ、別に見たり聞いたりしたことないかもしれませんが、いやほんとこのことについてはそうだと思いますよ。

家畜等の排せつ物を肥料として利用。

いかにも「有機!」と言った感じで、化学肥料を使うよりよっぽど安全――というイメージあるかもしれません。

が、肥料は無機物となって肥料の役割を果たすものであって、充分に発酵させていない排せつ物には、感染症を引き起こす菌や細菌、寄生虫、ウィルスが存在します。

単純に排せつ物を畑にまき散らし、そこからできた作物を食べる――このことを知った幼少の私は野菜という野菜がこれ以上なく不浄なものに思えて、食べる事に尋常ならざる抵抗があったのですが、それもあながち間違いではなかったな〜と今更ながらに思います。

ちなみに果物は木の上になっており、地面からそこそこ離れているので抵抗は少なかったです。

それと、生ごみをたい肥として再利用する方法。

家庭向けの器械に、生ごみを乾燥させ量を減らすと同時に肥料にしてしまうものが販売されてますね。

アレをご自宅で使用する際を考えていただければわかりやすいかと思います。

生ごみ、特に残飯は塩や油分が多く、また家庭用では充分に加熱・殺菌されない場合があり、結果有用なたい肥とは言いにくいです。

他にも「有機神話」の疑問点はありますが、有機栽培の全てが悪いというのではもちろんありません。


しかし、与えられる情報をそのまま鵜呑みにしてしまっては危ないのではないでしょうか。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほうれん草の栽培方法


ほうれん草栽培方法


ほうれん草栽培方法

ほうれん草と言えばポパイ、ポパイと言えば筋肉ですが、ほうれん草は葉野菜ということで特にたんぱく質が豊富というわけではなく……しかしながらビタミンA、C、カルシウム、鉄分豊富ときて貧血・高血圧の予防、便秘、肌荒れなどに効果テキメンなわけで今回はほうれん草の栽培方法です。

品種によってはほぼ一年中育てることができますが、タネは秋まきで冬〜春に収穫するのがおすすめです。


多少日当たりが悪くても育ちますが、やはり日を浴びたものの方が栄養価が高いです。

できれば日光が充分に当たる場所を選びましょう。
タネまき直前に液肥を混ぜておくと尚良いです。

そこにタネをばらまき土をかぶせます。

本葉が2、3枚出てきたところで小さい苗や大きすぎる苗は間引き、葉が触れ合わない程度の間隔を保ちます。

1回間引きを行ったら2回目はその十日後、3回目はさらにその十日後を目安に行います。


芽が出るまでは乾燥させないようにしますが、本葉が2枚ほど出てからはやや乾燥させた方が病気になりにくくなります。

本葉3枚から収穫の10日前までは、晴天が続くようであればは軽く水をやるようにし、収穫までは品質を高めるために水を切ります。

あとは収穫して喰らうだけ。

品種にもよりますが、くれぐれも生食用以外のものはゆでて食べるようにしましょう。

ほうれん草にアクに多く含まれる「シュウ酸」は大量に摂取すると体内のカルシウムと結合し、結石の原因になります。

以上、ほうれん草の栽培方法でした。どうか、ご参考までに。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にんにくの栽培方法


にんにく栽培方法
にんにく栽培方法
恥ずかしながら先々月までフランスに居ました。

最低限食べれる味、手間も最小限にという考え方だったので、僕の料理にはにんにく、塩、こしょうで炒めるだけというのがほとんど。

それだけにこれらは三種の神器に等しい必要不可欠な存在。

が、日本に帰ってきたらどうでしょう。

にんにくがどえりゃー高いじゃないですか。フランスでは一袋に10数個入って1ユーロちょい、日本円でも200円しません。

それが日本、しかも僕が今住んでいるここはにんにくの名産地(だから高いのでしょうか。だとしたら迷惑な話です)、青森で1個298円(L)とか。耐えらない。

いっそのこと、気候条件の点では恵まれているのだから栽培してはどうかと考えまして。調べてみました。

まず、畑には肥料を充分にすき込んでおき、うねは幅60cm、高さ10cmほどにします。

種球は全体を包んでいる外側の皮を取り除きます。

各1片を包んでいる皮は残しておきます。

それらをとがってる方を上にして、5cmほどの深さ、15cmおきに植えます。

植え付け時期は9月くらいがいいでしょう。植えてから約1週間で芽が出始めます。

年内中に一度有機液肥を与え、土寄せをしましょう。

春になるとつぼみが出てくるので、早めに摘んでおきます。

収穫は、葉が黄色くなってきたころ。

あとは喰らうだけです。


ところで余談ながら、にんにくと言えば精力増強、夜の心強い味方……との見識は多くの方がお持ちのところだと思うのですが、にんにく栽培農家の方々は大家族だったりするのでしょうか。

地元が青森ということで現場に赴いて調べることもできるのでしょうが……めんどくさいです。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペピーノの栽培方法


ペピーノ栽培方法  ヾ(・ω・`)ノ ハロー♪

ペピーノって知っていますか?

あんまり馴染みが無いかもしれません 顔みせろやああぁぁぁ┌(`Д´)ノ)゚∀゚)ペショッ

ペピーノはナス科ナス属でれっきとした野菜です.+:。d(ゝc_,・*)゚.+:。イイ!
でも果物みたい!!!

ペピーノ栽培方法は簡単です (*ノ∀^)ノ゛))アヒャヒャ

市販の野菜用の土に植え日当たり・水はけ・風通しのよいところ置く ヽ(○´3`)ノ チュゥゥゥ

水は表面の土が乾いたらたっぷりあげて ヽ(○´3`)ノ チュゥゥゥ

肥料は月に1回の有機肥料を少しあげてれば大丈夫 キタ━━━(゚∀゚).━━━!!

トマト栽培したことある人はほとんど同じだと思って!!!かんたんですね (*゜▽゜)*゜▽゜)ノ<親友。oO○

以上ペピーノ栽培方法でした ヾ(;ω;)Byeヾ(;ω;)Bye
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白菜の栽培方法


白菜の栽培方法を教えます(。'-')(。,_,)ウンウン

白菜の種まきは8月中旬から下旬に行います(。-`ω´-)ぅぃ

たっぷりと水をやります (*´・ω・)´-ω-) ぅぃ

白菜は日当たりのいいところに置いておきましょう(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン

12月ごろに収穫できます(。・ω・)(。-ω-)(。・ω・)(。-ω-)ゥィゥィ♪

中が硬くなっていればいいですよ┃*´・ω・┃ノ・*:..。o○☆*゜キターァ・:*゜☆

株の根元を包丁で切って収穫しましょうキタ━━━━( * )゚∀゚`)v━━━━!!!

白菜栽培の注意としては虫がつきやすくアブラムシやメイガ類、コナガヨトウムシ、アオムシなど対策を早くしましょう(#゚,_ゝ゚)バカジャネーノ?

早く白菜の鍋食いテー

((ヾ(。・ω・)ノ☆゚+.ァリガトゥ白菜

ヾ(;ω;)Byeヾ(;ω;)Bye
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分葱わけぎの栽培方法


わけぎ分葱の栽培方法を教えてあげましょう!!
コンチ☆:*:・ ★(o≧□≦)o☆・*:..。o○☆*゚ハアァァァァァーーー!! 

わけぎ分葱を植えるのは7〜8月 ( ´・_ゝ・)´-_ゝ-)´・_ゝ・)´-_ゝ-)ウンウン

土は高さ10cm、幅40cmぐらいかな。

わけぎ分葱の葉が伸びてきたら土を増やします ( ´・_ゝ・)´-_ゝ-)´・_ゝ・)´-_ゝ-)ウンウン


さらにその約20日後にまた土を増やします( ^Д^ 。)( -v-。 )( ^Д^ 。)( -v- 。)ウンウン



生育期はベランダの直射日光下( ゚,_¨゚)´,_¨`)゚,_¨゚)´,_¨`) ウムウム


水は土の表面が乾けば与える程度(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン


9〜10月に収穫*:.。.☆ヤッタネ(v*´-_●-)八(。-C_-。〃)vヤッタネ☆.。.:*・゚


あとは好きなように食べて!!


わけぎ分葱栽培コツは肥料をいっぱいあげることかな *:.。☆..。.(´∀`人)
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミョウガみょうがの栽培方法


ミョウガみょうが栽培方法を教えます
ヽ(・ω・。ヽ)ヨロ♪(ノ。・ω)ノ シク♪(σ。・ω)σでっす♪


ミョウガみょうが栽培は土はあんまり気にしなくていいよ( ^Д^ 。)( -v-。 )( ^Д^ 。)( -v- 。)ウンウン


ミョウガみょうが栽培乾燥や強すぎる直射日光は避けてね((*゚Д゚)ゞ ハイ!


堆肥と石灰を少しだけ入れて耕し20日ぐらい放置((*゚Д゚)ゞ ハイ!


3月上旬〜4月上旬ぐらいに植えて (*´・ω・)´-ω-) ぅぃ


間引き苗を利用する場合は梅雨の時期くらいかな(*´・ω・)´-ω-) ぅぃ


ミョウガみょうがは害虫はあんまりいないけどハダニ類、コガネムシ類に注意してね(・∀・)/ ハーイ

収穫は2年目から一年目は少しだけ(;´Д`A ```

まあミョウガみょうが栽培は簡単なんでやってみて (●´σД`●)ゞ エヘヘ♪


バイバイ―*.゚+ヽ(○・▽・○)ノ゙ +.゚*―!!




| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セントポーリアの栽培方法


セントポーリア栽培方法

ヾ(・∀・ )三ヾ(*・∀・*)ノ"三( ・∀・)ノ゙☆・*。こωレニちゎ。*・☆

セントポーリアは寒いのが苦手なので18〜25度ぐらい(●´Д`●) あかほっぺ

湿度も高めで(・∀・)イイ(・∀・)イイ

ウイック式で栽培しましょう.。.:*・゚(*ゝ∀・)。.:ィィ゚.+:。

簡単で成功率高いGOOD☆( ゚Д゚)b

花に水をかけない$.'A`*)ノ⌒イイヤーン♪

中心の葉の水たまりはとる$.'A`*)ノ⌒イイヤーン♪

必要なのはミリオンA、メネデール、マグァンプK小粒、ビーナスライトとかかな(●*'v`*人).o0ЙICЁ♪

実は私もまだ栽培したこと無いのでこの辺で

アセアセo(●´U`●;o)三(o;●´U`●)oアセアセ
あーセントポーリア難しい
アセアセo(●´U`●;o)三(o;●´U`●)oアセアセ



ルンルン♪ヾ(´ I `*)o<【:*・゚☆†オヤスミナサイ†.。.:*・゚】

| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。