ほうれん草の栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

ほうれん草の栽培方法


ほうれん草栽培方法


ほうれん草栽培方法

ほうれん草と言えばポパイ、ポパイと言えば筋肉ですが、ほうれん草は葉野菜ということで特にたんぱく質が豊富というわけではなく……しかしながらビタミンA、C、カルシウム、鉄分豊富ときて貧血・高血圧の予防、便秘、肌荒れなどに効果テキメンなわけで今回はほうれん草の栽培方法です。

品種によってはほぼ一年中育てることができますが、タネは秋まきで冬〜春に収穫するのがおすすめです。


多少日当たりが悪くても育ちますが、やはり日を浴びたものの方が栄養価が高いです。

できれば日光が充分に当たる場所を選びましょう。
タネまき直前に液肥を混ぜておくと尚良いです。

そこにタネをばらまき土をかぶせます。

本葉が2、3枚出てきたところで小さい苗や大きすぎる苗は間引き、葉が触れ合わない程度の間隔を保ちます。

1回間引きを行ったら2回目はその十日後、3回目はさらにその十日後を目安に行います。


芽が出るまでは乾燥させないようにしますが、本葉が2枚ほど出てからはやや乾燥させた方が病気になりにくくなります。

本葉3枚から収穫の10日前までは、晴天が続くようであればは軽く水をやるようにし、収穫までは品質を高めるために水を切ります。

あとは収穫して喰らうだけ。

品種にもよりますが、くれぐれも生食用以外のものはゆでて食べるようにしましょう。

ほうれん草にアクに多く含まれる「シュウ酸」は大量に摂取すると体内のカルシウムと結合し、結石の原因になります。

以上、ほうれん草の栽培方法でした。どうか、ご参考までに。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。