有機栽培の栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

有機栽培の栽培方法


有機栽培

「有機栽培」と聞く直観的に「安全」や「栄養豊富」、「おいしい」など、好意的な言葉を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

しかし物事は一側面だけではなく、多角的に見なければならない――とは誰の言葉だったか。

ああ、別に見たり聞いたりしたことないかもしれませんが、いやほんとこのことについてはそうだと思いますよ。

家畜等の排せつ物を肥料として利用。

いかにも「有機!」と言った感じで、化学肥料を使うよりよっぽど安全――というイメージあるかもしれません。

が、肥料は無機物となって肥料の役割を果たすものであって、充分に発酵させていない排せつ物には、感染症を引き起こす菌や細菌、寄生虫、ウィルスが存在します。

単純に排せつ物を畑にまき散らし、そこからできた作物を食べる――このことを知った幼少の私は野菜という野菜がこれ以上なく不浄なものに思えて、食べる事に尋常ならざる抵抗があったのですが、それもあながち間違いではなかったな〜と今更ながらに思います。

ちなみに果物は木の上になっており、地面からそこそこ離れているので抵抗は少なかったです。

それと、生ごみをたい肥として再利用する方法。

家庭向けの器械に、生ごみを乾燥させ量を減らすと同時に肥料にしてしまうものが販売されてますね。

アレをご自宅で使用する際を考えていただければわかりやすいかと思います。

生ごみ、特に残飯は塩や油分が多く、また家庭用では充分に加熱・殺菌されない場合があり、結果有用なたい肥とは言いにくいです。

他にも「有機神話」の疑問点はありますが、有機栽培の全てが悪いというのではもちろんありません。


しかし、与えられる情報をそのまま鵜呑みにしてしまっては危ないのではないでしょうか。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。