アスパラガスの栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

アスパラガスの栽培方法


アスパラガスの栽培方法
アスパラガスの栽培方法は根気との戦いです。

通常多くの野菜は植えてから半年もすれば収穫できるものがほとんどですが、アスパラガスの栽培はなんと3年にもおよびます。

実際に植えてから収穫できるようになるまでそれだけの時間がかかるので、アスパラガスの栽培は根気との戦いということになるのです。

それだけ手間をかけたからこそ、実際に自分で収穫したアスパラガスを食べてみると、買ったものよりも美味しく感じられると思います。

アスパラガスを栽培する時は、まず種のあつかいに気をつけなければいけません。

種子は給水しづらいという性質を持っているので、まず4〜5日間水に浸けておく必要があります。

またこの水は毎日取りかえるようにして下さい。

畑は耕土の深い排水の良い畑を用意して下さい。

深さ1〜2mの深さにまで根が伸びるので、できるだけ深く耕しておくと良いでしょう。



また酸性の土に弱いので、酸度の矯正を行うことも忘れずに。

1.5mほどのうねを作り、株間30pほどで植えるようにします。

アスパラガスの栽培は3年におよぶものなので、それぞれの季節によってのケアの方法に注意しましょう。

冬季は畑を浅く耕してうねを整え、夏は乾燥を防ぐために敷きわらをすると良いでしょう。

アスパラガスの栽培は、最初先が見えないと言う所に戸惑うかもしれませんが、ケアは忘れないように注意しましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。