ジャガイモの栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

ジャガイモの栽培方法


ジャガイモの栽培方法
ジャガイモの栽培方法は、そうむずかしいものではありません。

しかし注意しなければならないことがいくつかあるので覚えておきましょう。

ジャガイモの栽培方法で種芋を使うことは、学校で勉強するので知らない人はいないと思います。

同時にジャガイモの栽培方法について勉強したことがある人もいると思うので、思い出しながら勉強しましょう。

しかし切った芋をそのまま使うと、腐ってしまうことがあります。

それを防ぐためには、土に埋める前に切断面に石灰をまぶすようにすると効果的です。

思いきって切らずにそのまま使うという方法もあるので、好きな方法を選んで下さい。

種芋から複数の芽が出ている場合、1つだけを残して他は間引くようにしましょう。

多い方が良さそうだと思えるかもしれませんが、栄養を1箇所に集中させることで元気に育つのです。

ちなみにジャガイモはとても生命力があるので、スーパーで買ったイモを放置して芽が伸びたものを使っても、しっかり育ってくれます。

育てる時には肥料をあまり必要としません。

逆に肥料を与えすぎてしまうとアブラムシが沢山ついてしまう可能性があるので注意しましょう。

ジャガイモの栽培はほとんど手がかからないので、はじめて植物を栽培するという人に向いています。

収穫したものをそのまま食べることができるというのも大きいですね。

ジャガイモの栽培後はもう1度と思ってしまいますが、連作障害があるので1度植えた場所では3年間作ることができません。

他の場所を用意するようにして下さい。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。