じゃがいもの栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

じゃがいもの栽培方法


じゃがいも栽培方法
じゃがいも栽培方法のコツと注意点について紹介します。

じゃがいもは誰でも簡単に栽培することができて、さらに色々な料理に使うことができます。

家庭菜園でじゃがいも栽培をしておけば、その分色々なことに使える可能性が出てきます。

じゃがいもを植える時は、3月下旬〜4月上旬頃がおすすめです。

ただし寒冷地の場合はもう少し遅らせる必要があります。

種芋は必ず芽が出ているものを用意して、半分か1/4に切って使います。

深さ10〜15pの所に、30p間隔で埋めるようにしましょう。

栄養があった方が良いと思われるかもしれませんが、じゃがいも栽培では基本的に肥料は不要です。

どうしても心配だという人は、花が咲き始めた頃に3週間に1度くらいのペースで追肥するようにして下さい。

ちなみに肥料が多すぎると、葉にアブラムシがつきやすくなるというデメリットがあるので注意して下さい。

また水分を過剰に与えると腐ってしまうので、こちらもほどほどを保つようにしましょう。

葉が黄色く朽ちてきたら収穫時です。

株ごと引き抜いてイモを収穫することができます。

ちなみにじゃがいも栽培方法は毎年するのではなく、3年に1度くらいのペースでやりましょう。

連作障害が起こってしまいますからね。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。