ソラマメの栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

ソラマメの栽培方法


ソラマメの栽培方法
ソラマメの栽培方法は、まず畑選びに注意して下さい。

以前にマメ科の植物を植えた場所なら、3〜4年は休ませてから植えるようにしましょう。

ソラマメの栽培方法は、高さ15pほどのうねを作るようにして、1条〜2条まきをするようにします。

このまき方でうねの大きさが変わりますが、1条で70pくらいと覚えておくと良いでしょう。ここからがソラマメ栽培の本番です。

ソラマメは秋に苗を植え付けて、初夏に収穫することができる植物です。

10月頃に種をまくというのが一般的ですが、地域によって最適期が異なるので調べておきましょう。

株間30〜40pほどでソラマメの種をまきますが、この時1箇所につき2粒ずつまくようにして下さい。

この時注意しなければいけないのは、黒い部分(おはぐろ)を斜め下にして差し込むということです。

ソラマメの種は芽がでづらいという特徴があるので、注意して下さい。

春になって本葉が4〜5枚出てきたら、摘心すると側枝が伸びてきます。

光が当たりやすくなるように整理して下さい。

ちなみにソラマメ栽培方法ちょっとした小技として、実ができはじめたら根本に盛り土をするというものがあります。

これは実の重さで株が倒れやすくなることを防ぐ効果があります。

あとはそのまま生長させていけば、しっかりとした実をつけてくれます。

ソラマメ栽培方法では以上の点に注意するようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。