たまねぎの栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

たまねぎの栽培方法


たまねぎ 栽培方法
たまねぎの栽培方法はどういう点に注意すれば良いのか。

ちょっと気になる疑問についてまとめておきます。

たまねぎの栽培方法は9〜10月の秋頃に行います。たまねぎは土の性質を選ばずに連作が可能ということで、土に関しては特にこだわる必要はありません。

ただししっかり耕しておくことだけは忘れずに。

たまねぎ栽培方法で植え付けの時はうね幅80cm、株間12cmの2条植が良いでしょう。

4条にする場合はうね幅120pと思っていれば大丈夫です。

植えた後は冬草が発生するので、順次中耕するようにして下さい。

肥料に関しては2月に追肥と中耕しをして株元に土寄せをします。

春になると病害の発生する可能性が高くなるので、冬のうちに排水を良くしておくということが重要です。

5月頃になると茎の3割ほどが倒れ伏してくるので、この頃が収穫時です。



貯蔵性を良くするために、晴天の日に収穫作業をすると良いでしょう。

たまねぎ栽培の敵である病害には、べと病、白色疫病、軟腐病というものがあります。

もしも被害を受けてしまった株があれば、除去するようにして下さい。

排水が悪いとすぐに病気になってしまうことがあるので、この点は絶対忘れないようにしましょう。

以上の点を守れば、たまねぎ栽培は大丈夫です。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。