トマトの栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

トマトの栽培方法


トマトの栽培方法
トマトを栽培方法は、2〜3月頃に種をまきます。

そこから育った苗を植え付けるのは4月上旬頃が良いとされています。

トマトは苗を植え付けてから2〜3ヶ月頃で収穫できるようになります。

トマトの栽培方法は、水の量に注意して下さい。

植物を元気に育てるためにはたっぷり水をあげると良いと思っている方もいますが、それは植物によってさまざまです。

トマトは乾燥に強い植物なので、あまり水を与えすぎると害になってしまいます。

トマトの栽培方法は種からでも苗からでもそう変わるものではありません。

はじめてトマトの栽培をするというなら、まずは苗からはじめると良いでしょう。

トマトの株は40〜50p間隔で植えるようにし、水をやる時は葉がしおれはじめた頃で十分です。

ちなみにトマトは受粉することで花を咲かせるので、虫がいない場合は花を指で弾いて花粉を飛ばすようにすると良いでしょう。

心配ならもっと丁寧に受粉作業をしてあげて下さい。

上手く受粉ができると、実ができるようになります。

この時、主枝と葉の間から出てくるわき芽は、摘み取るようにして下さい。

たくさん出てきたから沢山収穫できるのではと思ってしまいますが、栄養が十分に行き渡らなくなってしまいます。

他には害虫や病気の心配もありますが、適度にチェックするようにしていれば大丈夫です。

トマトはとても生命力のある植物なので、素人でも簡単にトマトの栽培ができます。

以上トマトの栽培方法でした
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。