にんじんの栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

にんじんの栽培方法

にんじん 栽培方法
にんじんの栽培を方法はどんな所に気をつければ良いのか。

にんじんの栽培方法は、まず種をまく時期に注意しましょう。

にんじんには夏まき、秋冬まき、春まきにわけられます。夏の場合は7月上旬、秋はトンネル栽培で2月下旬、春は4月〜5月に種をまきます。

にんじん栽培において酸性の土は良くありません。

石灰をまいて耕してから種をまきます。

種をまいてからがにんじん栽培の本番ですが、一番の難問は一番最初にあります。

にんじんはとても芽が出にくい植物です。

種は多めにまくようにして、土は薄く被せます。そして上から軽く押さえるようにして、その上に藁をかけるようにします。

乾燥していると感じたら水をあげる必要があるので注意。

夏まきをする時は少し高めの場所を用意すると良いですね。

発芽して本葉が3〜4枚の頃になったら間引きをします。

間引きは2度するようにして、本葉が6〜8枚の時にもするようにしましょう。

間引きの時に追肥をしておくと良く育つようになります。

種まきから4ヶ月ほど経てば、にんじんの収穫をすることができるようになります。

にんじんの栽培で注意するべき点は以上です。

この他にもにんじんの栽培にはプランター栽培などがあるので、そちらにチャレンジする時は注意点をしっかり確認して下さい。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。