ニンニクの栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

ニンニクの栽培方法


ニンニク 栽培方法
ニンニクの栽培を方法は、まずホームセンターで販売されているニンニクの種球を買ってきましょう。

家庭菜園やプランターでも、自家製の美味しいニンニクは作ることができます。

ニンニクの栽培方法は、8月末〜9月中旬頃に植えるようにしましょう。

早ければ10月には芽を出します。

まず土を耕して7〜8p間隔で「芽を上にして」5pほどの深さに植えるようにしてください

。ニンニクの形を見ればどこが伸びるのかはすぐにわかると思いますが、適当に入れてしまってはいけません。

土を被せた後はたっぷりと水をあげます。

芽が出てきたら、今度は小さな芽をかき取る作業です。

静かに横に引いてあげれば株を傷めずに取ることができます。

これによって、大きく育てることができるので忘れないようにして下さい。

11月と2月頃に追肥をして下さい。液体肥料を7〜10日間おきに与えるというくらいで大丈夫です。

5月になって葉の色が黄色くなりはじめたら収穫時です。

収穫した後は葉先と根を切り取って、風通しの良い場所で保存するようにして下さい。ニンニクの栽培で気をつける点は以上です。

ニンニクはその臭いのせいで、人と会う前には食べることを避けた方が良いものです。

しかしその栄養の高さは、健康な食生活を送るために大きな力になってくれます。

家庭でニンニクの栽培をして、好きな時に美味しいニンニクを楽しめるようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。