バジルの栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

バジルの栽培方法


バジルの栽培方法
バジルの栽培方法は、苗から育てた方が簡単です。

しかしバジル栽培方法は誰でも簡単にできるものなので、思いきって種から育ててみるというのも良いでしょう。

バジルの種はまく前に1日ほど水に漬けて水分を吸収させましょう。

まく時は上から土を被せないようにして下さい。

バジル栽培に適した土は、乾燥しづらい粘り気があるものです。

種を用意する時に用土も買っておきましょう。

バジル栽培方法で気をつけるのは乾燥です。

バジルは乾燥に弱いので、土の表面が乾いたら水をたっぷりあげるようにして下さい。

特に夏場のバジル栽培では、すぐに乾燥してしまうので気をつけましょう。

肥料を切らさないようにするということも注意が必要です。

肥料を切らしてしまうと、下の方から葉が落ちていくので、こちらも欠かさないようにして下さい。

15pほどに生長すると初穂が出てくるので、その頃に切り戻しでわき芽を伸ばしていきます。

これによってバジルが良く生長するようになります。

ちなみにバジル栽培方法では病気に注意する必要はほとんどありませんが、害虫には注意して下さい。

そうやって育てていくうちに、バジルが20pほどに生長したら収穫時です。

バジルにはさまざまな使い道があるので、新鮮なバジルを堪能してみましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。