レタスの栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

レタスの栽培方法

レタスの栽培方法

レタスの栽培方法は、苗を買って植えるようにすると誰でも簡単にできます。

ちなみにレタスにはさまざまな種類があり、種類によっては結球するものとしないものがあります。

良く見かけるレタスの姿が頭に残っていて、いつまで経っても成長しないと勘違いしないようにしましょう。

レタスの栽培方法で苗を選ぶ時は、本葉が4〜5枚ついた、葉が大きくて色が濃いものを選ぶようにしましょう。

プランターは市販の培養土を用意して、プランターに鉢底石を敷いて土を少し入れて、その中に苗を置いて土を入れるようにして下さい。

ちなみに植える時期は春まきと秋まきがありますが、春まきよりも秋まきの方が作りやすいので、はじめてレタスの栽培をする時は秋まきをするようにしましょう。

一般的な結球するタイプのレタスを栽培する場合、あまり深く植えすぎないように注意して下さい。

これによって結球しづらくなる場合があるからです。

結球した頃に追肥をすることによって、元気に大きく生長します。

害虫にはアブラムシ、ヨトウムシ、ハモグリバエ、ナメクジなどがいるので注意しましょう。

ある程度大きくなって、球の上を手で軽く押さえて締まっていたら収穫時です。

ちなみにレタス収穫後は1〜2年連作しないようにしましょう。

以上のことに注意していればレタス栽培方法は大丈夫です。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。