春菊の栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

春菊の栽培方法

春菊栽培方法
春菊栽培方法は簡単で誰にでもできます。

春菊の栽培方法は、春まきと秋まきがあります。

植え付けから収穫まで3ヶ月くらいなので、年2回は作れます。

ただし連作障害があるので、同じ所では作らないようにして下さい。

はじめて春菊の栽培方法は、市販の培養土を使うと良いでしょう。

水持ち、水はけの良い土を作って、うねを作ります。幅60p、高さ5pほどのものが良いですね。

種をまく時は20pほどの溝を作って、ばらまくように植えて下さい。

本葉が3〜4枚の頃に1度目の間引きを、4〜5枚のころに2度目の間引きをします。

その後追肥と土寄せをして根本をしっかりさせます。

春菊の栽培方法は乾燥に注意して下さい。土が乾きはじめた頃に水をあげるようにしましょう。

特に発芽から幼苗期の時期は乾燥にもっとも弱い時なので、しっかりチェックするようにして下さい。

生育に適した温度は15〜20℃くらいですが、暖かい地方なら秋まきの方が育てやすいです。

その場合、あまり寒くならないうちに収穫するようにしましょう。

春菊栽培方法はプランターでもできるので、あまり場所が無いという人はプランター栽培がおすすめです。

ちなみに春菊はその香りの強さから虫が付きづらいという特徴があるので、害虫の心配もほとんどありません。

慣れてくれば一年中春菊を楽しめるようになるので頑張りましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。