小松菜の栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

小松菜の栽培方法

小松菜の栽培方法は誰でも簡単にすることができます。

また小松菜は栽培方法は後4週間で収穫できるという特徴があるので、気軽にはじめてすぐに楽しむことができるというのも良いですね。

小松菜を栽培方法は、プランターを使用する方法が良いです。

まずプランターに5p以上土を入れて平らにします。

その後2p間隔で深さ5o程度の穴を掘って、そこに小松菜の種をまきます。

小松菜栽培方法のポイントですが、発芽するまでは乾燥することが無いように、しっかり水やりをして下さい。

ただし逆に水をやりすぎてもいけないので、程よく土が湿っている程度を保つようにしましょう。

種まき後に水をやったら、湿らせた新聞紙をプランターに被せておけば、乾燥を防ぐことができます。

発芽したら新聞をとり、土の表面が乾く頃にたっぷり水をあげるようにして下さい。

本葉が1〜2枚の頃に1度目の間引き、5〜6枚になるころに2度目の間引きをしましょう。

この間引きをしっかりすることで、しっかりとした小松菜が育ってくれるようになります。

背丈が7pほどになったら収穫時です。

小松菜の栽培は実際にやってみると、思っていたよりも簡単で驚く人が多くいます。

小松菜栽培方法のポイントをしっかり覚えて、美味しい小松菜を楽しめるようにしましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。