水耕栽培 上手に栽培するコツを紹介しています!

水耕栽培

水耕栽培という育て方をみなさんはご存じでしょうか。

これは土を使わずに植物を育てるという栽培方法です。

水耕栽培にはさまざまなメリットがあります。

土に頼る必要がないから、知識や経験が浅くてもはじめやすいという点があります。

そして常に養液が蓄えられているので、水やりも不要です。

また土をほとんど使わないというだけで害虫の心配がほとんどなくなるというメリットもあります。

害虫は基本的に土を媒介してやってくるのですが、土を一切使わない水耕栽培ならその心配も無いのです。

ただし水耕栽培は専用の環境を作ってあげる必要があるので、土で育てることに比べるとあまり多くの数は作れません。

水耕栽培と聞くと球根を使ったものならみなさんも見たことがあるのではないでしょうか。

しかしペットボトルをちょっと加工するだけで、さまざまな植物にも応用させていくことができます。

ペットボトルを半分に切って、口の部分を逆さまにして差し込み、口部分を不織布で防ぎ、後は土を入れるだけです。

下の部分に養液を蓄えるようにしておけば不織布から養液が伝わっていき、栄養と水分が補給されていくという仕組みです。

キッチンでも簡単にできるので、趣味と実益を兼ねてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。