大根の栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

大根の栽培方法

大根の栽培方法
大根を栽培方法で注意しなければいけないのは土の状態です。

大根はやせた土地でもしっかり育ってくれるという性質がありますが、土の状態が悪いと問題が起こってしまいます。

土が浅い、中に石がふくまれているということがあると、大根が変形してしまうのです。

見た目が変わった所で味が変わるというわけではないので、自分が食べるからそれで良いという人もいると思いますが、どうせなら見た目が良い大根を栽培して食べたいですよね。

そのためにも土は丹念に耕すようにしましょう。

大根を栽培方法、日当たりが良く水はけが良い場所にしましょう。
深さ30pまで耕して埋め直し、そのあと高さ10pほどのうねを作り、その両側に堆肥と化成肥料をまき、「マルチフィルム」をかけます。


ここを忘れてはいけません。マルチフィルムの穴に6oほどの穴をほり、そこに種を6〜7粒ほどばらまいて土を被せましょう。

間引きは本葉が3〜4枚の時に2本にして、6〜7枚の時に1本にするようにしてください。

間引き後は追肥をすることを忘れずに60日ほどすれば首の部分が太くなってくるので、その頃が収穫時です。

大根栽培方法は実際にやってみるとても簡単にできます。

大根栽培方法の注意点をしっかり覚えて挑戦してみましょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。