落花生の栽培方法 上手に栽培するコツを紹介しています!

落花生の栽培方法

落花生の栽培方法

落花生の栽培をする時は、種を蒔く時期に注意して下さい。

落花生の栽培をする時に、ここでつまずいてしまう人が良く居ます。

落花生は生の乾いて傷がないものを用意して、30pほどの株間で1〜2粒ずつ蒔きます。

ここで注意するのは、落花生の発芽には地温20度以上が必要だということです。

これよりも低い状態だと発芽することがありません。

ビニールを張って地温を高めて栽培すると言う方法もあるので、まずは土の温度に気をつけるようにしましょう。

一般的には5〜6月頃がおすすめですね。落花生は種を蒔いてから1週間ほどで発芽します。

そして発芽してから40日ほどで黄色い花が咲きますが、この花は朝に咲いて昼頃には萎れてしまいます。

そして1週間ほどすると花の元から紐のようなものが伸びて土の中で落花生が作られます。

そして花が咲いてから90日ほどで収穫できるようになります。

下枝が枯れ始めた頃が収穫時です。

目安となるものがありますが、一応どれが何日に蒔いて何日に花を咲かせたのかをメモしておくとわかりやすいですね。

落花生栽培は水をあまり必要としませんが、土が乾燥したままの状態にはしないようにして下さい。

また今回の落花生栽培で収穫した分は、通気性が良く涼しい場所に保存しておけば植えることができるので覚えておきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164372079
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。